« 今年は1人で初詣 | トップページ | 保存食作りと体を温めるお風呂のパウダー »

2009年1月22日 (木)

つるし雛、下見しました。

友人と浅草橋で会いました。浅草橋では、いつものシモジマへ行くのも目的の一つですが、日本人形店の多い場所なのでつるし雛を見られたらと思っていました。駅に着いたときから駅のケースに吉徳の親王飾りやら、つるし雛が飾られていたので嬉しい限りです。でも、ウィンドウから撮影するとどうしても反射してしまいます。ガラス越しに撮影するのはとても難しい事が分かりました。シモジマは、シールやカードなどが多いので、バレンタイン関係や新入学などのグッズが充実していました。お昼をいつも魚がし日本一のランチで一休み。

P10308771

その後、ぶらぶら東日本橋方向に歩いていくと、又親王飾りやら、七人飾りがありました。値段も安いのから20~30万するものまで色々です。お雛様の襟元の十二単でも、本当にその為だけに金糸銀糸を織り込んである物もあると聞きます。義姉は木目込雛を長いこと作っていて、伝統工芸の技を習得し、数年前に朝日新聞社賞を取りました。お雛様を一年に二組ぐらいしか作れないほど手を掛けて製作していると聞いたことがあります。一年に一回の行事ですが、職人さんがしのぎを削って作品を発表する場でもあるのですね。つるし雛もいくつも見かけ、吊るしてある物もそれぞれ違い、飾っているだけでその場が華やかで可愛らしくなるような気がします。

P10308831
生まれた子が災いに会わない様にという、親の切なる思いを一つずつ込めてつくられている吊るし雛です。厄除けの為に赤色が多く使われているので、可愛らしい感じがするのかもしれません。

P10308861
上手く写真がとれなかったのでここにはありませんが、加賀てまりなどの手の込んだ飾りも飾ってありました。
今年は、伊豆の稲取温泉で開催される「雛のつるし飾りまつり」へ行く予定があり、本場でのつるし雛を鑑賞して、是非ミニ屏風の中で表現してみたいと思っています。

帰りにお茶の水の駅で乗り換ました。顔を上げるとものドカ~ンと大きな中田英寿の看板が。目力があるからでしょうか、ギョッとしました。

P10308871

(関連記事)
小旅行での嬉しい発見!

|

« 今年は1人で初詣 | トップページ | 保存食作りと体を温めるお風呂のパウダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/385507/27259902

この記事へのトラックバック一覧です: つるし雛、下見しました。:

« 今年は1人で初詣 | トップページ | 保存食作りと体を温めるお風呂のパウダー »