« 粉末ウコンの作り方(洗浄からカプセル詰めまで) | トップページ | 中国スタイルと落ち葉 »

2008年12月11日 (木)

義母の家で過ごした一日

11月の終わりの三連休は、夫の実家に行きました。日曜日はトラックも少なく順調に車が流れていました。首都高を越える為に時々とんでもない渋滞に巻き込まれる事がよくありますが、「いつもこうだといいね」と思っても、こればかりは難しい事です。

P10306781

家に着いてから、家の庭木やら、つい最近、伯母さんの車椅子を入れるために玄関の飛び石が続いているのを止めて、コンクリートの通路にした工事の話などを聞きました。古い洋室(これは7月に手伝いに来た時、私とメイリーが泊まった部屋です)(ここ)のサッシを替えて貰ったそうで、開け閉めもスムーズで隙間風も入らず「こんなんだったら早く工事して貰えばよかった~」と義母は笑っていました。

今回は墨絵の展示会が終わり、公民館に戻ってきた作品を引き取りに行き、伯母さんの施設に会いに行くことと、そのついでに買い物に行くことにしました。その前に、電話機のボリュームをいつも“低い”にしてしまい、電話を掛けるとこちらの声が聞き取れない事が重なっていたので、“エムズの片割れ”さんがチューブのキャップを見つけて来て、そのキャップの高さを調整してボリュームに触れないように工夫しました。公民館に墨絵の作品を取りに行き、先生や生徒さん達にご挨拶しましたが、男の方が多くて驚きました。なぜなら、いままでお教室というとたいてい女性が圧倒的に多いという感じがしていたからです。ちなみに今回の作品のタイトルは「驟雨」(しゅうう)というにわか雨を題材にした力作です。

P10307071

伯母さんの所へいくと、私達にすぐ気がついて「ここ」というように手を上げて合図してくれました。元気に過ごしているようですが、ちょっと悲しげな表情が多かったのが気になります。その後、買い物を色々して、義母の冬の大好きな植物“葉ボタン”を買いました。義母は昔ながらの大きな葉ボタンが好きなのですが、やはり場所を取るせいか、ミニ葉ボタンの種類は多いのに、大きい葉ボタンのコーナーは去年よりあきらかに狭くなっていたようです。

P10307051

帰る途中に実家の近くの観音様のまつってある寺院に寄りました。結婚して32年、一度もこの寺院には行ったことがなかったのですが、子育てに関する観音さまだからか、七五三のお子さんや、生まれたばかりの赤ちゃんを抱いている方などがお参りしていました。近くにありながらこういう寺院がある事を知りませんでした。後でネットで見ると、千二百年前からある寺院で、一切のお葬式は執り行わず、みんなの願いが叶う事を祈る祈願寺だそうです。風が吹いていたので、お地蔵様の持っている風車がくるくると回っていて、心に残る寺院でした。

P10306831

P10306901

|

« 粉末ウコンの作り方(洗浄からカプセル詰めまで) | トップページ | 中国スタイルと落ち葉 »

コメント

お義母さん孝行お疲れ様でした。お一人で気丈に暮らされて、しかもあの墨絵の見事さ!!すばらしいです。
息子夫婦がいろいろ連れ出してくれて、きっとうれしい一日だったことでしょうね。
いずれ行く道、いい歳を重ねてきた人たちを見習っていきたいものです。

投稿: まるこ | 2008年12月11日 (木) 20時23分

まるこさん

義母は元気でしたよ~。
手術してから、手の震えがあるというのも
なくなったそうで、前より歩くのもスムーズでした。

冷房だけでなく暖房も好きではなく
私達には寒く感じられましたが
その自然に対応している姿はりっぱです。

投稿: エムズのひとり言 | 2008年12月12日 (金) 11時12分

お義母さま、とってもお元気なご様子で
ご主人もほっとされたでしょう
かくしゃくとした八十代、ご立派です

祈願寺、素敵なお寺ですねぇ
願い事だけ受け入れるお寺 私もお参りしたいです

投稿: sararin | 2008年12月14日 (日) 21時18分

sararinさん

やはり、庭をやっているとあれやこれや
仕事が増えて、それが楽しくもあり
忙しくもあるのでしょうね~。

分かってくれました、とても素敵なお寺なのです。
住職さんともお話しましたが、とても人を引き付ける
穏やかな感じの方でしたよ!
すっかりファンになってしまいました。

投稿: エムズのひとり言 | 2008年12月15日 (月) 20時19分

この記事、拝見して一人暮らしの叔母を思い出し、早速、翌日の金曜日にポカポカ陽気の中、ランチに連れ出しました~♪
エムズさんの記事のお陰です~・・・と言いながら報告が遅れてすみません。
両親を既に亡くして今は叔母を母と思うて叔母孝行してるつもりです。
古民家風の素敵なカフェですが、知り合いでもあり、貸切?状態だった為、3曲ほどオカリナ演奏して叔母も喜んでくれました~♪

投稿: 花舞 | 2008年12月16日 (火) 22時33分

花舞さん

叔母様も、花舞さんとお茶をして
そしてオカリナの生演奏を聞いて
ゆったりと楽しい時間を過ごさせれた事でしょう。

のんびりとゆっくりと・・・と思っていても
なぜか気ぜわしい毎日ですが
「一日のうちに、何度か時間を作って落ち着いて
座って見るというのも大切ですよ」
とアロマの教室で先生が言っていました。

今日、一日と言う日を織り上げる気持ちを
持てたら・・・と思うのですが。

投稿: エムズのひとり言 | 2008年12月19日 (金) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/385507/26047983

この記事へのトラックバック一覧です: 義母の家で過ごした一日:

« 粉末ウコンの作り方(洗浄からカプセル詰めまで) | トップページ | 中国スタイルと落ち葉 »