« 春の嵐に思う | トップページ | 数十年振りの観劇「風林火山」 »

2008年4月17日 (木)

ヤーコン床作りに、助っ人現る!

何度かブログに登場して頂いてる畑をやっている友人のMさんが、畑を作るための“土ならし”に来てくれました。ちゃんと畑仕事用の身支度をして、道具まで持って来てくれました。今回は、庭で一番日が当たる場所にヤーコンを植えようと思っています。その土床を作る必要があったのです。私の様な初心者は、何をどう植えたら良いのかさっぱり分からないので、経験豊富なMさんが来てくれて本当に助かりました。終わってみれば結局、Mさんが一人で手早くやってくれたのですが、下記のような手順で行いました。
①土をスキで耕す
②豚の糞とモミを混ぜたものを耕して掘った横穴に入れていく。
③腐葉土と化成肥料をその上から置く。
④土をかぶせて置く。
⑤目印を立てて置く。
ヤーコンを植えるのは5月になってからです。なぜそんなにヤーコンが良いかというのは成分と効能を見れば分かります。非常に優れた野菜なんです。
にんじん畑より”さんからのブログから引用させて頂きます。
何はともあれ準備は力強い助っ人の登場で用意できました。

ヤーコンの成分】
収穫直後の塊根には、フラクトオリゴ糖が7~10%も含まれており、現在知られている天然食品の中では最高であろうと言われています。このフラクトオリゴ糖は、甘みは有りますが消化吸収されにくく、そのまま腸内を通過しますが、その間に乳酸を作るビフィズス菌選択的に増やす整腸作用があり、便秘解消や、肥満抑制、それに老化防止等の効果もある事が既に知られています。
また、塊根にはポリフェノールが赤ワインと同等に含まれています。ポリフェノールがコレステロールの酸化を抑制し、活性酸素の
発生を抑えて動脈硬化を予防する事が最近フランスの食生活から分かってきました。勿論、ポリフェノールは葉茎部にも沢山含まれて
いますが、葉にはまた別の物、それも血糖値の上昇を抑える成分が有るといわれ健康茶として飲まれています。この成分(物質)は
まだ分析が出来ていない段階ですがインスリンに似た様な作用を持っているらしいと言
われております。
【期待される健康作用】
①中性脂肪抑制作用
②血糖上昇抑制作用
③肥満防止作用
④コレステロール低下作用
⑤利尿作用

P10109331
P10109351
P10109371

|

« 春の嵐に思う | トップページ | 数十年振りの観劇「風林火山」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/385507/20321238

この記事へのトラックバック一覧です: ヤーコン床作りに、助っ人現る!:

« 春の嵐に思う | トップページ | 数十年振りの観劇「風林火山」 »