« 「粉末ウコン」の作り方 | トップページ | 九州へ行って来ました。 »

2007年12月12日 (水)

野菜づくし

子供の同級生のお母さん達と食事会。
場所はアスタナガーデンという所です。
「メインの野菜サラダに驚くから」というお勧めでサラダガーデンコースを注文しました。大皿に高く盛られた野菜達。これだけ野菜を食べたら安心な気持ちなる、というくらい食べました。よく食べ、よく話ました。
おいしくいただいたのですが、この中にヤーコンが入っていたようなのです。ヤーコンと言えば、フラクトオリゴ糖を大量に含んでいる野菜ではありませんか!
あぁ、もっと味わって食べれば良かった・・と思っても後の祭り。

何故そんなにヤーコンにこだわるかと言うと、最近“腸炎”を患い、腸に良いという言葉にとても敏感に反応するからなのです。
その後、何とヤーコンや他の野菜を、やはり子供の同級生のお母さんから頂くことになりました。無農薬でお野菜を作られている方です。
今の今まで思い出さなかったのですが、「あるある大辞典」だか「スパスパ人間学」だかで、ヤーコンをすばらしい野菜として取り上げられていたのですが、まだ一般には普及していなくて「な~んだ、それじゃ紹介されても手に入らないじゃない」とぼやいた事を思い出しました。
ネットでみるとこのクラフトオリゴ糖は、善玉菌ビフィズス菌の餌となり菌を増やし、増加させ、整腸作用を増進させるそうです。
放送からずいぶん経ったので身近になり、こんなに近くで栽培されていたのですね。皮をむいて生でもたべられるので調理法が難しくない点も良いです。聞いていたとおり“梨”に似た食感です。甘みもあります。医食同源の言葉どおり、食物を食べて病気が治るならこんな良い事はないのですね。

無農薬で泥がしっかり付いた野菜はいかにもパワーがありそうです。ヤーコンのサラダ・漬け物・炒め物・コロッケ・・・さて、どういう料理にしましょうか。

P10103171
P10103252

|

« 「粉末ウコン」の作り方 | トップページ | 九州へ行って来ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/385507/9375552

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜づくし:

« 「粉末ウコン」の作り方 | トップページ | 九州へ行って来ました。 »