« 映画“クワイエットルームにようこそ”を見て | トップページ | 穏やかな時間 »

2007年11月 8日 (木)

丁度良いって難しいと言う話。

メイリーがドッグサロンでトリミングをしてもらったのが9月3日でした。
「顔は四角くお願いします」と頼んだのですが、見事逆三角形の形で帰ってきました。
その直ぐ後、下の息子が帰郷して「ハイエナみたいだな」と発言したのは二ヶ月前になります。

「直ぐに毛は伸びるから大丈夫」と、人ごとならぬ犬ごとで暢気にしていた私でしたが、“天罰”が当たったようです。

私の髪に、久しぶりにストレートパーマを掛けたら、本当に“ウエーブなしの垂直!”
「これじゃ、あまりに若い子の頭でしょう!」「いやいや洗ってみたら少しはふっくらするはず・・・」と洗ってはみても、しっかり“垂直”。

せっかくお金をはたいてパーマを掛けてもらったのに、“何でやねん・・・”と思いますが、本当に垂直の髪の毛をみると「トホホホ・・」と言いたくなります。
メイリーだって復活に2ヶ月掛かったので、私も2ヶ月くらい経てば丁度良くなると思うのですが、丁度良いという毛の長さは難しく、メイリーも丁度良いと思っていると、あっという間にモシャモシャになってしまうのです。

ドッグサロンから先日ハガキが届きましたが、年末・年始は混み合いますのでお早めにご予約下さい・・・との事でした。
ああ、段々人間並みになっていくメイリーを見ながら、しばらくは、「垂直の髪」が気になる日々が続きます。

P10101201

|

« 映画“クワイエットルームにようこそ”を見て | トップページ | 穏やかな時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/385507/8821741

この記事へのトラックバック一覧です: 丁度良いって難しいと言う話。:

« 映画“クワイエットルームにようこそ”を見て | トップページ | 穏やかな時間 »